Browsing articles in "テーブル"
9月
20

HTMLテーブル(表)の本体部分を定義するタグ <tbody>

テーブルにはヘッダー、ボディ、フッター要素を定義することができます。
それぞれを区別して定義することで、ブラウザにその役割を明確に伝えることができます。
テーブルのヘッダー部分を定義する<thead>に続き、
本体部分を定義する<tbody>を見てみましょう。

read more
9月
20

HTMLテーブル(表)のヘッダー行を定義するタグ <thead>

テーブルにはヘッダー、ボディ、フッター要素を定義することができます。
それぞれを区別して定義することで、ブラウザにその役割を明確に伝えることができます。
そして、それによりSEOで有利になることも。
また、今後のブラウザではより便利な表示がされるかもしれません。
スタイルシートの適用の際にも便利なのでぜひ使いましょう。

read more
9月
19

HTMLテーブルタグの概要その2。ヘッダー、ボディ、フッターの3要素。

基本的なテーブルの構成は、HTMLテーブルタグの概要で説明したとおりです。
実は、さらに細かく各要素の役割を定義することができます。
テーブルをヘッダ部、ボディ部、フッター部の3つの部分に分けることができます。
これにより、さらに明確なテーブル構造となります。

read more
9月
18

表要素の見出しになるセルを指定する<th>

テーブルのセルには見出しになる要素が存在します。
通常、内容を入れるためのセルには<td>というタグを使いますが、
見出しとなるセルには別のタグを使ってそれを明示にします。

read more
9月
17

テーブルにセルを定義して要素を入れられるようにする。HTMLテーブルタグ(3/3)。<td>

テーブルの最も基本的な作り方はテーブルタグの概要で説明したとおり3ステップに分かれます。
まずはステップ1でテーブルの領域を指定してあげました。
次にステップ2でテーブルに行を追加しました。
最後に実際に要素を入れる箱を作ってテーブルを完成させます。
難しくないので読みきってしまいましょう。

read more
9月
17

テーブルに行を定義して挿入する。HTMLテーブルタグ(2/3)。<tr>

テーブルの最も基本的な作り方はテーブルタグの概要で説明したとおり3ステップに分かれます。
まずはステップ1でテーブルの領域を指定してあげました。
次にテーブルに行を追加します。
まだ、ここでも完成ではありません。
難しくないので、ステップ3まで読みきってしまいましょう。

read more
9月
17

まずはテーブルの領域を指定する。HTMLテーブルタグ(1/3)。<table>

テーブルの最も基本的な作り方はテーブルタグの概要で説明したとおり3ステップに分かれる。
その中で、まずはテーブルの領域を指定してあげないといけない。
今回のタグだけではまだテーブルはできないので3回に分けて解説します。
1つ1つの記事はそんなに長く無いので一気に読めますよ。

read more
9月
16

HTMLテーブルタグの概要。テーブルはレイアウトには使わないように。<table>

料金表やメニュー表など、テーブルを使えば表をきれいに見やすく表示できます。
テーブル要素にはその中にヘッダ要素やフッタ要素なども定義されているので、
きちんと使えると検索エンジンにも読みやすいページとなります。
縦や横に要素を並べることができるため、昔からページのレイアウトなどに使われることも多いですが、
レイアウトはCSSに任せて、あくまでテーブル(表)として利用するようにしてください。
なんてったって、テーブルは表を作るには非常に便利ですから。

read more
↓サーバーを借りるなら↓
サーバーについてはこちら


↓ドメインをとるなら↓
ドメインについてはこちら

↓ネットショップを始めるなら↓

人気の記事