8月
28

SEOにも大切な見出しタグ。アクセスアップに必ず入れよう。<h1>,<h2>,<h3>,<h4>,<h5>,<h6>

文章を書くときに、テキストを単に並べるだけでは読みにくくて仕方ない。
きちんと章立てして、段落を作ってリズムを作ることで読みやすさはぐっと上がります。
ホームページも同じことで、見出しをつけることで読みやすくなります。
検索エンジンにとっても見出しはとても重要、検索エンジン上位に表示させるためのSEO効果もあります。



ヘッダ(見出し)タグ

見出しタグを使う方法は簡単です。
タグでテキストを括るだけ。
タグで括ったテキストは独立した行となり、見出しに適切な表示がされます。

<h1>~</h1>

見出しをあらわすタグ
<h1>,<h2>,<h3>,<h4>,<h5>,<h6>

見出しをあらわすタグには、<h1>,<h2>,<h3>,<h4>,<h5>,<h6>と6番目まで定義されていて
<h1>が最も大きな見出しで順に小さくなり、<h6>が最も重要度の小さな見出しとなります。
見出しは重要度が大きいものほど文字が大きく、太字に表示されます。(あくまで初期値)

ヘッダ(見出し)タグ

見出しの<h1>~<h6>の順番はとっても大切です。
通常、文章は「節→章→段落」などのように大きなかたまりから小さなかたまりに落とし込みます。
逆の発想では、段落の集まりが章、章の集まったのが節と考えることができます。
同じように、見出しタグも大きいものから小さいものの順番が重要になります。
<h1>見出し1</h1>
  <h2>見出し1-1</h2>
    <h3>見出し1-1-1</h3>
      <h4>見出し1-1-1-1</h4>
      <h4>見出し1-1-1-2</h4>
    <h3>見出し1-1-2</h3>
      <h4>見出し1-1-2-1</h4>
      <h4>見出し1-1-2-2</h4>
  <h2>見出し1-2</h2>
    <h3>見出し1-2-1</h3>
      <h4>見出し1-2-1-1</h4>
      <h4>見出し1-2-1-2</h4>
    <h3>見出し1-2-2</h3>
      <h4>見出し1-2-2-1</h4>
      <h4>見出し1-2-2-2</h4>

このように、見出しを小さく分けていくことで、人にとっても検索エンジンにとってもわかりやすい文章構成になります。
これは検索エンジンの対応としても非常に重要ですし、
見た目がよくなることで、会社のホームページなどではサイトへの滞在時間が上がったり契約率(コンバージョン率)が上がる要因となります。
適度な見出しでわかりやすいホームページを心がけてください。

1 Comment to “SEOにも大切な見出しタグ。アクセスアップに必ず入れよう。<h1>,<h2>,<h3>,<h4>,<h5>,<h6>”

Leave a comment

↓サーバーを借りるなら↓
サーバーについてはこちら


↓ドメインをとるなら↓
ドメインについてはこちら

↓ネットショップを始めるなら↓

人気の記事