9月
18

表要素の見出しになるセルを指定する<th>

テーブルのセルには見出しになる要素が存在します。
通常、内容を入れるためのセルには<td>というタグを使いますが、
見出しとなるセルには別のタグを使ってそれを明示にします。



見出しとなるセルを指定<th>

<th>

見出しとなるセルを指定する
テーブル内のセルの左の列、もしくは上部の行はその各列、行の見出しになっていませんか。
見出しは特別な意味がありますので、それを明示してブラウザにも認識できるようにしておきましょう。
使い方は簡単、<td>の代わりに<th>を使うだけ。
見出しには<th>を使うようにしましょう。

<table>
<tr><th>哺乳類</th><td>牛</td><td>豚</td></tr>
<tr><th>鳥類</th><td>スズメ</td><td>キツツキ</td></tr>
<tr><th>魚類</th><td>マグロ</td><td>メダカ</td></tr>
</table>

<th>は主要なブラウザでは太字で表現されます。
CSSを使えば背景を変えたりして見出しだけ見やすくすることも可能です。
※サンプルではわかりやすいように枠線をつけています

哺乳類牛豚
鳥類スズメキツツキ
魚類マグロメダカ

3 Comments to “表要素の見出しになるセルを指定する<th>”

Leave a comment

↓サーバーを借りるなら↓
サーバーについてはこちら


↓ドメインをとるなら↓
ドメインについてはこちら

↓ネットショップを始めるなら↓

人気の記事