10月
12

テーブルの枠線の太さを指定するタグ <table border=”">

テーブルは要素を縦横に表として整列させることの出来るタグです。
border属性を使えばテーブルの周りに枠線を表示させることが出来ます。
border属性に指定する数値で線の太さを指定できます。
また、border属性で1以上の数値を指定した場合はセル間にも境界線がひかれます。
要素同士を視覚的に線で区切りたい場合はこのborder属性を使います。

テーブルの枠線の太さを指定する

<table>

border

テーブルの枠線の太さを指定する
テーブルの枠線の太さを指定します。
borderに値を設定した場合、セル間の境界線も表示され、
視覚的に区切られたテーブルになります。

枠線を指定しない
<table>
<tr><td>A</td><td>1<td></tr>
<tr><td>B</td><td>2<td></tr>
<tr><td>C</td><td>3<td></tr>
</table>
枠線の太さ5
<table border="5">
<tr><td>A</td><td>1<td></tr>
<tr><td>B</td><td>2<td></tr>
<tr><td>C</td><td>3<td></tr>
</table>

枠線を指定しない
A1
B2
C3
枠線の太さ5
A1
B2
C3

Leave a comment

↓サーバーを借りるなら↓
サーバーについてはこちら


↓ドメインをとるなら↓
ドメインについてはこちら

↓ネットショップを始めるなら↓

人気の記事