8月
23

この流れを覚えよう!ホームページの構造はHTML、デザインやレイアウトはCSSを使う

ホームページを構成している要素はたくさんありますが、
大きくホームページの構造をあらわすHTMLとデザインやレイアウトを制御するCSSというものがあります。
この2つを覚えて使えるようになればホームページは作れます。



ホームページの構造を表すHTML

ホームページの構造を表しているのがHTMLです。
例えば、ここは住所ですよとかここは段落ですよとか、
ある一まとまりの要素を表していく役目をしています。
このまとまり(要素)を指定するのがタグというものです。

ホームページのデザインやレイアウトを制御するCSS

ホームページに配置する要素が決まればば、
それぞれに対してデザインやレイアウトをあてます。
それをするための言語がCSS(スタイルシート)というものです。
住所はちょっと小さめでいいやとか、タイトルの部分は大きく目立つようにとか、
メールアドレスは斜体で他のテキストと区別させようとか。
そういった、要素ごとのデザインやレイアウトをCSSでは制御することができます。

HTMLとCSSを覚えればホームページは作れます

まずはこのHTMLとCSSを使えるようになってください。
見出しでは「HTMLとCSSを覚えれば・・・」と書いていますが覚えなくてもいいので
リファレンスマニュアルを見ながらでも使えればいいです。
ここにテーブルを使って料金表を置こう、ここはタイトルを置こうという感じで
HTMLを使って要素を作っていきます。
それから文字を赤にしたり、太字にしたり、CSSを使ってその要素にデザインを加えていきます。
この流れを覚えてしまえば誰でもホームページが作れるようになりますよ。

ホームページ作成ソフトがあれば、こういったHTMLやCSSがワード感覚で簡単に作れます。
効率よく本格的なホームページを作りたい人はぜひホームページ作成ソフトを購入されることをお勧めします。
ただし、ソフトに頼り過ぎないように。
HTMLやCSSの知識はとても重要ですので覚えておきたいです。

Leave a comment

↓サーバーを借りるなら↓
サーバーについてはこちら


↓ドメインをとるなら↓
ドメインについてはこちら

↓ネットショップを始めるなら↓

人気の記事