Browsing articles tagged with " table"
11月
13

テーブルのセルと内部の要素との間隔を指定するタグ <table cellpadding=”">

テーブルのセルとセルの内部にある要素との間隔を指定することが出来ます。
枠線と内部の要素の間隔を調整することで見やすい表にすることが出来ます。
セルと要素との間隔を指定
read more
10月
12

テーブルの枠線の太さを指定するタグ <table border=”">

テーブルは要素を縦横に表として整列させることの出来るタグです。
border属性を使えばテーブルの周りに枠線を表示させることが出来ます。
border属性に指定する数値で線の太さを指定できます。
また、border属性で1以上の数値を指定した場合はセル間にも境界線がひかれます。
要素同士を視覚的に線で区切りたい場合はこのborder属性を使います。
read more
10月
12

非視覚系ブラウザのためのテーブルの説明を設定する。<table summary=”">

パソコンは様々な人が使います。
目が見えない方でもインターネットを活用できるような非視覚系のブラウザもあります。
目が見えないので主に音声で情報を伝えることになります。
例えば非視覚系特有の機能の一つとして、このテーブルの説明が利用されます。
read more
10月
11

テーブルの縦のセル(行要素)を結合する。<td rowspan=”">

テーブルのセルは必ずしも縦と横のセルの数が揃っているわけではありません。
中には2行を結合してまとめた部分も存在するでしょう。
セルの行要素同士を結合する属性を学びましょう。
read more
9月
20

HTMLテーブル(表)のフッター行を定義するタグ <tfoot>

テーブルにはヘッダー、ボディ、フッター要素を定義することができます。
それぞれを区別して定義することで、ブラウザにその役割を明確に伝えることができます。
HTMLテーブル(表)の本体部分を定義するタグ <tbody>に続き、
本体部分を定義する<tfoot>を見てみましょう。

read more
9月
20

HTMLテーブル(表)のヘッダー行を定義するタグ <thead>

テーブルにはヘッダー、ボディ、フッター要素を定義することができます。
それぞれを区別して定義することで、ブラウザにその役割を明確に伝えることができます。
そして、それによりSEOで有利になることも。
また、今後のブラウザではより便利な表示がされるかもしれません。
スタイルシートの適用の際にも便利なのでぜひ使いましょう。

read more
9月
19

HTMLテーブルタグの概要その2。ヘッダー、ボディ、フッターの3要素。

基本的なテーブルの構成は、HTMLテーブルタグの概要で説明したとおりです。
実は、さらに細かく各要素の役割を定義することができます。
テーブルをヘッダ部、ボディ部、フッター部の3つの部分に分けることができます。
これにより、さらに明確なテーブル構造となります。

read more
↓サーバーを借りるなら↓
サーバーについてはこちら


↓ドメインをとるなら↓
ドメインについてはこちら

↓ネットショップを始めるなら↓

人気の記事