2010 年 2 月 17 日


Filed under: その他 — Yossy @ 10:31 AM

地理で習ったと思いますが、世界一深い海溝といえばマリアナ海溝です。
さて、世界一深いということはわかっても、実際にどの程度深いのかは想像もつきません。
マリアナ海溝の深さを1枚の画像で表したものがあったので紹介します。

一番上にドット欠けのようにある1ピクセル分の黒い点が人間でしょうか・・・、そう考えると深さはやはり異常です。
マリアナ海溝はエベレストさえも沈めてしまう深さなのですごいですね。
ちなみに1feetは0.3048メートルなので、メートルに直すときは3で割ってもうちょっと大きいくらいな感じです。
350FTまでが人間のダイビングの限界。この画で見るとほんの少しです。メジャーな魚はこの領域に存在します。
1250FTでエンパイアステートビルくらいで、さらに3280FTつまり、だいたい1000メートルを超えると光が届かなくなります。
13,120FTまで行くと想像できませんが地上の750倍くらいの圧力になります。この辺りにはいわゆる深海魚が存在します。
20,000FTまで行くと1,100倍もの圧力になっています。しかしながらここにもまだ生物が存在するのですからすごいです。
一体どんな世界なのでしょうか、真っ暗な世界に突如として気持ちの悪い生物が現われて食われてしまう・・・SFのような世界ですかね・・・。
31,000FTはだいたい航空機の飛んでいる高さをひっくり返したような感じです。日本では海外行きの長距離フライトがこれくらいの高度のようです。
36,000FTチャレンジャー海溝。深いのでみんなチャレンジしてくれ的なチャレンジャーと言う意味ではなく、1951年に発見した英国の海洋観測船の名前チャレンジャーに由来する。このあたりは調査もそう簡単ではないので、この深度の場所はまだ10%程度しか発見されていません。
すごいなあと感心してしまいますが、これも地球の大きさを考えると薄皮一枚といった程度の厚さ。

どんだけスケールでかいねん!と思ってしまいます。
僕らには到底及ばないスケール。地球の大きさを改めて感じますね。

0.30480.

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする